宇宙意識で幸せな日々

変化を愛し、調和を築くことが次元上昇につながる

牧村優太

独りひっそりビジネス6年目です。会社員時代、根性論を信じパワハラに耐えました。しかしストレスからうつ状態に。人生を諦めかけた時、メンターと奇跡的に出会う。初めは怪しいと疑うも20年の実績を信じ、独りひっそりビジネスを学ぶ。そして時間・お金・人間関係から解放されました。今は、幸せいっぱい、穏やかな感謝の毎日です。

あなたの日常生活で遭遇する「害」とはどのようなものですか?

あなたにとっての「害」は何ですか?

 

  • 公害
  • 災害
  • 老害
  • 風評被害

 

「害」とは、傷つけること、悪い状態にすること。

生きていると必ずこれらの問題に遭遇します。

ですがそれにどう対処するかで、人生が大きく変わります。

 

 

具体的な対策を学ぼう

「害」に積極的に対応する必要があります。

 

例えば、公害問題において。

某地域の住民たちは、工場からの排出ガスに対して高度なフィルタリングシステムを導入することを提案しました。

この取り組みにより、空気の質が改善され、住民の健康被害が大幅に減少。

工場も住民も共存し、地域自体の発展に繋がりました。

災害への備え、風評被害への対策、時代に合わせた柔軟な生き方は、自己成長と周囲への配慮の表れとなります。

 

 

 

配慮の欠ける「言い訳」

配慮が足りない人々はよく、「〇〇だから仕方ない」と言い訳をします。

しかし、進歩的な考え方を持つ人々は、障害があっても解決策を模索します。

 

「仕方ない」という諦めの心理ではなく、「どうすれば改善できるか」を常に考える姿勢が大切。

言い訳ばかり続けていると、人は動けなくなってしまいます。

何かを指摘された時、どう思考できるかで大きく分かれます。

 

・「そうではない!」「〇〇だから仕方ない!」とムキになる。

・「あ、そういう考えもあるのか気をつけよう」と受け入れる。または受け流す。

 

あなたはどちらが成長する人間だと思いますか?

 

 

 

真の進化とは何か?

「進化」の反対は、「退化」ではなくて「無変化」です。

環境や考え方が全く変わらないと、成長の機会を失くします。

 

例えば、光のない洞窟で生きる魚は目を使わなくなりました。

ですが、その代わりに他の感覚が発達しました。

これは「退化」でなく一種の「進化」と言えます。

 

 

人間も同じで、外見や能力が変わっても、それが必ずしも退化とは限りません。

重要なのは、変化にどう適応し、どう成長していくか。

歳をとっても「老害」にならないためには、時代に合わせて変化することが重要なのです。

 

 

 

行動を起こすことが成功への鍵

進化の反対が退化ではなく無変化でした。

同じように成功の反対は「何もしないこと」です。

変化に応じて進化し、自分自身を成長させ続けることが、真の成功を収めるために不可欠です。

 

 

逆を言えば、「何もしない人」はいつまでたっても成功できません。

 

 

もう歳だからと諦める前に、「まだやれることはある」と前向きに考える。

そして行動を起こせる人こそが、真の成功者です。

 

 

大丈夫です。

あなたがここまで読んでくれたということは、既に進化の道を歩み始めている証拠。

選ばれた成功できる3%のアルファです。

変化を恐れず、常に前向きに挑戦し続けましょう。

 

 

私の人生を変えたおすすめ商品