辛くても 運がいい

星と言うのは
暗い夜に光っているので
良く見えています

 

夜、暗くなるから
輝いている星が見えるのです

 

 

当たり前ですよね

 

 

 

でも実際は明るい昼間でも
空に星はある筈です

 

 

周りが明るすぎて
見えないだけなのです

 

 

 

 

人生においていつも明るい
良いことばかりだと
その有難みはわかりにくいです

 

逆に辛い経験をばかりしていると
本当に良いことの
有難みがわかります

 

それに対しての
感謝の心
も生み出せます

 

 

感謝できる人は
運が良くなります

 

 

 

成功者は必ずと言っていいほど
辛い経験をされています

 

 

そしてそこから
這い上がって成功します

 

成功したことへの
喜びに感謝しています

 

また不幸ごとでさえ
必要な糧であったと
受け入れています

 

そうして運を上げています

 

 

 

今、辛い状況にあったとしても
明るく喜びを感じることを
想像するだけでも少し和らぎます

 

 

夜空だからわかる星のように
辛い経験があってこそ
幸福の価値がわかります

 

そこに感謝できれば
運はあがります

 

辛くとも本当は運がいいのです
辛い経験があるからこそ
幸せが感じ取れるのです

 

 

最悪な状況だとしたら
あとは良くなる一方
とも考えれます

 

 

晴れの日も雨の日もあります
寒い日も暑い日もあります

 

 

両方知っているからこそ
良い方の有難みがわかります

 

 

辛い経験はあなたを優しい人へと
成長させてくれる糧でもあるのです

 

 

辛くても 運がいい

 

少しでも何か
感じて頂ければ幸いです

 

最期まで読んで頂き
有難うございました

私のおすすめ教材集

© 2021 牧村優太 公式サイト