宇宙意識で幸せな日々

他人に笑われる人生は意味がない?むしろ笑われた方がいい

牧村優太

独りひっそりビジネス5年目です。会社員時代、根性論を信じパワハラに耐えました。しかしストレスからうつ状態に。人生を諦めかけた時、メンターと奇跡的に出会う。初めは怪しいと疑うも19年の実績を信じ、独りひっそりビジネスを学ぶ。そして時間・お金・人間関係から解放されました。今は、幸せいっぱい、穏やかな感謝の毎日です。

あなたは他人に笑われたことはありますか?

 

私は人より要領が悪いので、よく他人から笑われました。

 

その度、恥ずかしいという思いでいっぱいになりました。

 

自分をどんどん嫌になったのです。

 

でも、メンターから学んで『それでいい』と知ることができました。

 

大げさに言うとたったそれだけで、人生が変わったと感じました。

 

 

他人に笑われるのは成功への第1歩

今まで、良かれと思って他人に行ったことを無駄なことだと言われる。

 

自分が信じて行っていることを、馬鹿にされたりして笑われる。

 

そんなことが続き、他人から笑われることがどんどん怖くなりました。

 

もう嫌だ…。

 

自分の本当にやりたい事にフタをしました。

 

会社で上司からパワハラを受けるも、黙々と働く。

 

パワハラ・ワンオペ・長時間労働。

 

結局、身体を壊し、夜中におねしょするほど精神もやみました。

 

40代でおねしょする。もう地獄でした。

 

ダメだ、このままでは○ぬ!

 

 

 

 

何とか頭を働かせ、『健康を取り戻す』為に会社を辞めました。

 

でも40代でほぼスキルなし、正社員での再就職は絶望的。

 

身体を休めながらも悶々とした日々を送っている中。

 

どんどんすり減る貯金。

 

そんな中でメンターに出会いました。

 

 

身体と心の健康が戻っていく

メンターのお話を聞くたびに、希望が湧きました。

 

メンターが借金地獄・うつ病状態から復活されたように。

 

私もまだ何とかなるのでは?と思えるようになりました。

 

心の底に希望が戻ると、何だか身体にも元気が戻ってきたのです。

 

 

 

教えて頂いた、最も希望の持てた話

過去の偉人達の中には、他人から笑われながらも成功したという人が沢山います。

 

 

 

あの偉大な野球選手のイチローも、幼い頃は周囲の人から『野球選手にでもなるつもりか?』と笑われていました。

 

ですがイチローは、コツコツと自分を信じて積み重ねて、メジャーリーガーまで昇り詰めました。

 

 

 

周囲の人達に

 

『そんなことは無駄だ』

『やっても同じだ』

『お前になんてできっこない』

 

と馬鹿にされたり、笑たりする。

 

 

 

 

しかし、それが本当にあなたのやりたい、正しい道であるならば、

 

世界のどこかに同じことをしている

理解してくれる

応援してくれる

 

笑わない人も必ずいます。

 

 

 

『笑う人』というのは本当は、コツコツと積み重ねている、あなたがうらやましいのです。

 

『笑う人』は自分がコツコツと積み重ねができない。

 

なので、できている・挑戦しているあなたを笑う。

 

バカにして、自分と同じできない位置に落とそうとしている。

 

それだけなので『笑う人』の声に惑わされないで下さい。

 

 

 

他人と違うことをしている。

 

一見おかしなことをしているあなたは、自分の道を覚悟と信念をもって突き進める素晴らしい人です。

 

笑われても突き進めること、継続できることは成功するのにとても大切なことです。

 

太宰治は

笑われて、笑われて、つよくなる

と残しています。

 

 

 

私はこれからも笑われても、生き残る人になります。

 

周りの声に焦らず、コツコツと今できることをする。

 

私と同じように人生につまづいて、どうしていいかわからない人。

 

そうした方の力になれるよう、しっかりと学び続けます。

 

自分の為

他人の為

世間様の為

神様の為

 

メンターから学び続ければ、人生がどんどん良くなっています。

 

どん底から這い上がり、愛と調和の世界へと次元上昇してまいります。

 

最後まで読んでくださった、あなたと共に次元上昇できるよう心より願っております。

 

ありがとうございました。

 

 

 

私の人生を変えたおすすめ商品