弱肉強食の世界で生き残る

会社勤めの頃に
社長が新聞の記事を見ながら
こう言いました

 

 

 

老人や女子供から
ものを奪うとか
卑怯者のすることだ

 

 

社長が見ていたのは
ひったくり事件
の記事でした

 

 

周囲の人間は
そうですよね!
と相槌を打っていましたが、
私は首を傾げていました

 

 

 

 

そもそも、ひったくり
という行為が犯罪です
卑怯な行為です

 

 

社長の言い分だと
自分より強そうな人から
正々堂々奪ったら
ひったくったら
卑怯じゃない

 

ということ
なのでしょうか?

 

 

社長は
高齢者や女性を
安いお給料で雇用しています

私も安いお給料でした

そうして従業員を働かせて
社長は平日でもゴルフ
家族で旅行に行ったりします

 

それは私たちの時間を
ひったくっているのでは
ないでしょうか?

 

 

奪う人は
自分より立場や
チカラが弱いものから
奪います

 

自分より上だと思う人からは
奪いません
奪えません

 

弱肉強食だからです
競争社会だからです

 

 

 

そうした
社会のルールを作った人達、
その中で生きている人達は
強い人達です

 

 

エリートです

 

 

強い人達は弱い人達の気持ち
なんてわかりません

 

エリートに一般大衆の気持ち
なんてわからないのです

 

 

 

強者に弱者が
敵うはずがありません

 

 

だったら弱者は
そのルールから抜け出して
こっそり戦わない・争わない
弱肉強食から抜け出すしか
手はないのです

 

 

今からの時代
その弱肉強食の概念が
どんどん壊れます

 

 

本当のヒト
として進化する時代
だと言えます

 

 

自分を弱者として認めて
学んで行動した人が
そこに辿り着けるのです

 

 

争わなくて済む世界
それが実現可能なのです

私のおすすめ教材集

© 2021 牧村優太 公式サイト